自転車に乗るリスク|住宅を購入する時は住宅瑕疵保険に加入|自分にとって必要な保障
案内

住宅を購入する時は住宅瑕疵保険に加入|自分にとって必要な保障

自転車に乗るリスク

説明

自転車のメリット

手軽な移動手段として自転車を愛用している人は多いといわれています。特に都市部にあっては公共交通機関もが発達していることや、高額な維持費を考慮して自動車を所有していない世帯も少なくないと思われます。たまの週末にしか自動車を使用しないようなケースでは、普段は自転車や公共交通機関を活用し、どうしても自動車が必要な場合にはタクシーやカーシェアリング、レンタカーを活用することで自動車保有時と比べて大幅に費用を削減できるケースもあります。手軽で便利な乗り物である自転車ですが、交通事故には十分注意する必要があります。自転車の場合、対自動車の事故で被害者となるケースもあれば、対歩行者の事故で加害者となる可能性もあります。

事故のリスクと保険

自転車事故でも歩行者を死亡させてしまったり、後遺障害が残るような重大な被害を与えてしまったりなどケースによっては高額な賠償責任を負う可能性があります。そうした自転車事故で加害者となってしまった場合に備える商品として自転車保険があります。近年では自転車保険の必要性が認識されるようになり、購入時に販売店側から自転車保険の加入を勧められるケースが増えるなど、加入しやすい環境が整ってきているといえます。また、個別に自転車保険に加入しなくても自動車保険や住宅の火災保険に加入している場合は、特約として賠償責任保険をつけることにより自転車事故の補償にも対応できる場合があります。いずれにせよ、自転車を利用する場合は自転車事故に係る保険にはぜひ加入しておいた方がよいといえます。